表紙:ラムラブックセンター芳進堂
旬刊 出版ニュース2006年7月中旬号の目次一覧 発売

こうせい
神保町活性化で思うこと

出版文化としての図書館

本の町・神保町と連携した千代田図書館の新しい取り組み--柳 与志夫@千代田図書館長

・情報区
”読み巧者”の書評集成
「新世紀書店」
「表現の自由とプライバシー」
新たなアメリカ像の試み
シリーズ「旅する長崎学」
創刊号の特集は「メディア」
特集「大学出版国際化に向けて」
公開セミナー「新書ルネッサンス」
「中野孝次展」

・出版界スコープ
万防機構の調査から
教科書の特殊指定廃止に抗議
トーハンは微増、日販は4.4%減売上高の決算

編集者の日録 No.799

衣川理花文藝春秋『CREA』編集部

ネット時代の著作権 No.53

著作権分科会法制問題小委員会報告(前)」---吉田大輔
著作権事情---射場俊郎

書きたいテーマ、出したい本

ディオゲネス・古代からの警鐘---山本武信メディア・国際関係・現代文明論
九州中世の総合的研究---森 茂暁日本中世史

ブックハンティング2006

『貨幣と精神』生成する構造の謎
中野昌宏 著 
高橋 順一=評

ブックガイド
苅谷剛彦編著『いまこの国で大人になるということ』(紀伊國屋書店)
橋本 晃『国際紛争のメディア学』(青弓社)
山浦正昭著、山浦敏子絵『夫婦で歩き描いたヨーロッパ縦断4000km』(新評論)
松尾邦之助『無頼記者、戦後日本を撃つ』(社会評論社)
朝倉喬司『「色里」物語めぐり』(現代書館)
岡田温司『ヴィーナスの誕生』(みすず書房)
西山哲郎『近代スポーツとはなにか』(世界思想社)
クローディア・クーンズ著、滝川義人訳『ナチと民族原理主義』(青灯社)
井上とし『深き夢みし』(ドメス出版)
谷畑美帆『江戸八百八町に骨が舞う』(吉川弘文館)
田中ひかる『月経と犯罪』(批評社)
宗川吉汪『誕生・性・遺伝子』(新日本出版社)
成 美子『パラムソリ』(晩聲社)
大橋信雄『ホトケの映画行路』(れんが書房新社)
地方出版
祐森弘子『ありがとう ボクはしあわせ』(編集工房ノア)
岡崎 圭『走る人!』(吉備人出版)
青野篤子、湯川隆子編『フェミニスト心理学をめざして』(かもがわ出版)
荒井武美『山室静とふるさと』(一草舎出版)

ブック・ストリート

・図書館---ある県立施設の情報コーナーの図書排除問題を考える---西河内靖泰・図書館問題研究会
・書店---ギリシャ・ローマ時代の店づくり---青田恵一・書店・出版コンサルタント

・出版関係文献資料

・新聞・雑誌書評リスト

・新刊分類目録

[戻る] [Web版へ]


Copyright © 2006 Shuppan News Co., Ltd.
All rights reserved.