表紙:八重洲ブックセンター
旬刊 出版ニュース2006年11月上旬号の目次一覧 発売

こうせい
ことし印象に残った映画作品

死刑囚の表現で感じたこと考えたこと

大道寺幸子基金/死刑囚表現展2006--池田浩士@京都精華大学教授

・私のコレクション
『活字好き』---歸山健一(会社員)

・情報区
電子コミックビジネスの調査
「早稲田古本屋街」
「美のガイド」
書籍紹介情報の検索サービス
「年報・死刑廃止」06
「世界飛び地大全」
加盟店は6636
「図説雅楽入門事典」

・出版界スコープ
第1回「読ませ大賞」創設
「景品としてのスタンプサービス」について
日販9月期書店売上調査

編集者の日録 No.810

秋吉 潮光文社PR誌編集部

書きたいテーマ、出したい本

戦争体験記の「行間」を読む---野上 元歴史社会学・メディア論
映画に見る戦前の米国日系移民---板倉史明映画学

ブックハンティング2006

『小笠原賢二小説集、精進ケ池へ』
小笠原賢二、菱川善夫 編 著 
齋藤愼爾=評

ブックガイド
川本静子、松村昌家編著『ヴィクトリア女王』(ミネルヴァ書房)
名和小太郎『エジソン理系の想像力』(みすず書房)
大久保昭男『故郷の空 イタリアの風』(新評論)
稲葉振一郎、立岩真也『所有と国家のゆくえ』(日本放送出版協会)
田尾宏文『ニートという生き方』(オンブック)
ジュリア・クリステヴァ著、松葉祥一他訳『ハンナ・アーレント』(作品社)
綾目宏治『批判と抵抗』(御茶の水書房)
高田 健『9条が、この国を守ってきた。』(梨の木舎)
上羽陽子『インド・ラバーリー社会の染織と儀礼』(昭和堂)
アンドレ・コント=スポンヴィル著、小須田 健訳『資本主義に徳はあるか』(紀伊國屋書店)
西川長夫『〈新〉植民地主義論』(平凡社)
国分良成編『中国の統治能力』(慶應義塾大学出版会)
デリック・ジェンセン、ジョージ・ドラファン著、戸田 清訳『破壊される世界の森林』(明石書店)
林 哲夫『読む人』(みずのわ出版)
地方出版
三枝昂之『こころの歳時記』(山梨日日新聞社)
小沢牧子『子どもの場所から』(小澤昔ばなし研究所)
野沢陽子『竹女ぼさま三味線をひく』(津軽書房)
広瀬利男『「ビートたけし」と宗教』(澪標)

ブック・ストリート

・流通---コミケ米澤嘉博さんの功績---長岡義幸・インディペンデント記者
・印刷---年1度の機材展から見る動向---中村 幹・印刷学会出版部

・新聞・雑誌書評リスト

・新刊分類目録

[戻る] [Web版へ]


Copyright © 2006 Shuppan News Co., Ltd.
All rights reserved.