表紙:現代金融經濟全集 全三十四卷(改造社版)
旬刊 出版ニュース2015年7月中旬号の目次一覧 発売

こうせい
崩れた取次の“雑高書低”現象

憲法がニュースになることの意味

平和・表現の自由・暮らしなどすべて憲法につながる--田北康成@立教大学社会学部兼任講師

文部科学省・学校図書館の現状に関する調査報告

「人的整備」を中心に紹介する--松岡 要@日本図書館協会元事務局長

出してはいけない、売ってはいけない本はない

〈戦後70年と出版〉 第2回--深田 卓@インパクト出版会代表

ブック・ストリート

・学校図書館---現代文教科書をめぐる資料案内---成田康子・北海道札幌南高校学校司書
・言論---潮目が変わった安保法制論議---内田 誠・ジャーナリスト
・出版協---「貧すれば鈍す」しかし「武士は食わねど高楊枝」で---竹内淳夫・日本出版者協議会理事(彩流社)
・編集---人を売る---下平尾 直・共和国代表

ネット時代の著作権 No.159

JASRACの放送ブランケット契約~最高裁判決から~」---吉田大輔
著作権事情---杉村晃一

ブックハンティング2015

『片山善博の自治体自立塾』
片山善博 著 
大江正章=評

ブックガイド
コロナ・ブックス編集部編『作家の珈琲』(平凡社)
前田憲二『祭祀と異界』(現代書館)
志村一隆『群像の時代』(ポット出版)
植村秀樹『暮らして見た普天間』(吉田書店)
安藤正人、久保亨、吉田裕編『歴史学が問う公文書の管理と情報公開』(大月書店)
モルデカイ・パルディール著、松宮克昌訳『ホロコーストと外交官』(人文書院)
アクセル・ホネット著、宮本真也、日暮雅夫、水上英徳訳『見えないこと』(法政大学出版局)
川本三郎『映画の戦後』(七つ森書館)
青地正史『もはや戦後ではない』(日本経済評論社)
田中昌子、加藤修弘解題『「北支」占領その実相の断片』(社会評論社)
夫馬 進『朝鮮燕行使と朝鮮通信使』(名古屋大学出版会)
ラザフォード・オールコック著、エディンバラ・レヴュー編、山本秀峰訳『日本および日本人』(露蘭堂)
示車右甫著『瀬戸焼磁祖加藤民吉、天草を往く』(花乱社)
川上量生『コンテンツの秘密』(NHK出版)
木村信子『フランスの他者』(創英社・三省堂書店)

Book therapy No.43

ハッピー・スレイブ、新植民地主義。」---原山建郎

・情報区
読みきかせ絵本のガイド
「ヘイト・スピーチ法」の基本文献
『共通番号の危険な使われ方』
『ライプニッツ著作集』第Ⅱ期の刊行
「戦争」を特集
「台湾文学セレクション」の続刊
「孤高の新聞『日本』」展

・出版界スコープ
『絶歌』の出版について、太田出版が公表文をホームページにアップ
ト・日販は減収減益の決算
5月期日販分類別売上調査

編集者の日録 No.1105

弓削聞平『ソワニエ』編集長

・出版関係文献資料

・新聞・雑誌書評リスト

[戻る] [BookLive版へ]


Copyright © 2015 Shuppan News Co., Ltd.
All rights reserved.