表紙:大正昭和 財界変動史 全2卷(東洋経済新報社)
旬刊 出版ニュース2018年4月上旬号の目次一覧 3月31日発売

こうせい
公文書の“改ざん”で思うこと

戦後公立図書館発展史の中の前川恒雄さんの実践と思想

田井郁久雄著『前川恒雄と滋賀県立図書館の時代』から学ぶ--山口源治郎@東京学芸大学教授

齋藤愼爾の平成歳時記

第三十四回

図書館界ウォッチング29


ブック・ストリート

・流通---柳美里さんが開業する書店---長岡義幸・インディペンデント記者
・書店---「ポトラ」と「築地本マルシェ」---どむか・本屋さんウォッチャー
・出版文化---雑誌はどうなる---佐久間文子・ジャーナリスト
・装丁---「世界のブックデザイン」展から---桂川 潤・装丁家
・表現---アートフェアの力学---金子隆一・写真史家
・東北から---講座「震災と文学」講義録---土方正志・荒蝦夷代表

海外出版レポート

ロシア
マラダーヤ・グワールジヤ社の軌跡服部 玲
中国
「第26回台北国際図書展(2018TIBE)島崎英威
韓国
地域小出版・書店活動の現況舘野 晳

DIGITAL PUBLISHING

No.182「雑誌がデジタルメディアとして生き残るためには?」---歌田明弘

ブックハンティング2018

『囚われた若き僧 峯尾節堂』未決の大逆事件と現代
田中伸尚 著 (岩波書店)
中川隆介=評

ブックガイド

小野幸惠『和と出会う本』(アルテスパブリッシング)
木村朗、前田朗共編『ヘイト・クライムと植民地主義』(三一書房)
エンツォ・トラヴェルソ著、宇京頼三訳『左翼のメランコリー』(法政大学出版局)
中田英樹、高村竜平編『復興に抗する』(有志舎)
横山真『新聞奨学生 奪われる学生生活』(大月書店)
三谷博『維新史再考』(NHK出版)
大隅和雄『日本文化史講義』(吉川弘文館)
戸谷洋志『ハンス・ヨナスを読む』(堀之内出版)
山田朗『日本の戦争:歴史認識と戦争責任』(新日本出版社)
高橋巌編著『地域を支える農協』(コモンズ)
大林宣彦『大林宣彦の映画は歴史、映画はジャーナリズム。』(七つ森書館)
余傑著、劉燕子編、劉燕子、横澤泰夫訳『劉暁波伝』(集広舎)
ハンナ・ピトキン著、早川誠訳『代表の概念』(名古屋大学出版会)

出版 東・西・南・北

森田康夫『大塩平八郎への道』(和泉書院)
佐々木慶三『背徳と反逆の系譜』(丸源書店)
児玉征志『やっぱり滋賀が好き』(新評論)

・情報区
『岩波書店百年』
大学出版部の新刊点数
「ビランジ」41号
李朝末期の社会を活写
ユニークな『現代社会用語集』
雑誌広告は前年比9.0%減

・出版界スコープ
JPRO第2フェーズ運用開始
町田市立さるびあ図書館の存続を求める請願

編集者の日録 No.1198

鈴木珠美編集・執筆・ヨガ講師(オフィスタマ)

書きたいテーマ、出したい本

熱帯林を食べる?---赤嶺 淳食生活誌学・サプライチェーン研究
「現代歴史学」の文脈から民衆と暴力の問題を考察---須田 努日本近世・近代史

・新聞・雑誌書評リスト

[戻る] [BookLive版へ]


Copyright © Shuppan News Co., Ltd.
All rights reserved.